pagetop

診療内容

入れ歯治療

小児歯科

入れ歯(義歯)治療とは

入れ歯治療とは、何らかの理由で歯を失ってしまった部分に対して取り外し式の入れ歯を作成し、快適に食事ができる・噛めるようにする治療です。

1歯だけを失ってしまった方から、総入れ歯の方まで幅広い方に適応される治療法です。

最先端CT
最先端CT

入れ歯は外れやすい、合わない、噛みにくい、話しにくいなどの悪い印象をお持ちの方も多いと思いますが松尾歯科医院ではきちんとした技術と知識で作成すれば多くの問題を解決することができると考えております。

入れ歯の種類

基本的には、どのような部位の入れ歯であっても、健康保険の範囲内で作製することが可能です。

さらに、入れ歯の材質や設計を変更することにより一層快適で使用しやすい入れ歯を作製することが出来ます。
以下に松尾歯科医院で得意とする代表的なものを掲載します。


金属床義歯(コバルトクロムプレート)

入れ歯をより薄く仕上げたい方、より精度や強度の高い入れ歯を希望される方におススメです。

保険適応の入れ歯と違い、コバルトクロムのプレートを部分的に使用します。

そのため、より薄く入れ歯を仕上げることが出来ます。
入れ歯の舌感はもちろん、食事の際の食べ物、飲み物の温度の感じ方まで改善することが出来ます。

マグネットオーバーデンチャー(磁石式入れ歯)

入れ歯をより安定させたい方、入れ歯をぴったりと吸着させたい方にオススメです。

歯を失ってしまった場合の治療方法

上記では松尾歯科医院で扱っている入れ歯について説明させていただきましたが、歯を失ってしまった部位には、入れ歯以外の治療法もございます。

大きくは、インプラント、入れ歯、ブリッジの3つの治療法の中から患者さまの希望に合わせて、治療法を選んでいくことになります。

それぞれの治療法には、各々に利点と欠点があり、患者さまの希望も人それぞれかと思われます。松尾歯科医院では、患者さまひとりひとりに合った治療法をしっかりとご相談の上で患者さまと一緒に選んでいきたいと考えております。

インプラント 入れ歯 ブリッジ
治療法 インプラント

歯を失ってしまった部位に、歯の根に代わる金属を埋め込み、その金属を土台にして、人口の歯を取り付ける治療方法です。

入れ歯

歯を失ってしまった部位に、取り外し式の装置を作成します。設計は歯の残り具合や残っている歯の強度を基に行われます。

ブリッジ

歯を失ってしまった部位の前後に存在する歯を削り、連なった被せものを装着する治療法です。

メリット
  • 周囲の歯を削る必要がない
  • 噛む力や感覚は天然のご自身の歯に近い
  • 周囲の歯に負担をかけることがない
  • 装着時の違和感が会話の際の話しにくさが無い
  • 健康な歯を削る量が少量で済む
  • 取り外し式なのでキレイに清掃できる
  • 残っている歯やあごの形にとらわれずに作製することが出来る
  • 装着の異物感が少ない
  • つけたまま生活できる(取り外しの必要がない)
  • 噛む感覚は天然のご自身の歯に近い
デメリット
  • 保険適用外で費用が掛かる
  • 外科治療が必要になる
  • 骨の状態や全身の健康状態によっては治療が出来ない場合がある
  • 装着時に異物感がある
  • 部位によっては金属の金具が目立つことがある
  • 噛む効率がインプラントやブリッジに対して劣る
  • 話しにくさを感じることがある
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 清掃しにくい
  • 本数や適応範囲に限界がある(適用できないこともある)

診療メニュー

  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
Copyright (c) 2020 Copyright (c) 2020 松尾歯科医院 All Rights Reserved.