pagetop

診療内容

矯正歯科

矯正歯科

子どもの矯正について

子どもの歯並びの治療は、問題点を早期に発見し、治療を行うことで、機能的で美しい歯並びに導くことです。

特に、小児矯正においては、乳歯から永久歯へと生え変わりが起こる混合歯列期(6~12歳頃)に行う治療を第一期治療と呼んでいます。永久歯が生え変わった後の治療を第二期治療と呼んでいます。


●第一期治療について

混合歯列期は、骨格を含めて成長過程であることから、お子様ご自身の成長の力を利用して、上下顎の位置関係のバランスや、歯の萌出するスペースを導くことができる歯科矯正においては理想的な時期ともいえるのです。

また、6歳~12歳といえば、頬杖や口呼吸、場合によっては爪かじりや指しゃぶりといった習癖があるお子様もいらっしゃいます。これらの習癖を取り除くことで、機能的な咬合を維持することができます。


●第二期治療について

ワイヤーを使った歯を並べる治療が本格化します。

もちろん、第一期治療を受けていなくても、第二期治療からでもお子様の治療は可能です。

小児矯正のメリットは、成長する力を利用して、歯列矯正を行えるため、無理なく理想的な咬合に導くことができることです。

お子様の歯並びについて、心配事やお悩みがある場合には、まずはお気軽に当院までご相談下さい。


大人の矯正について

歯科矯正治療は、成長期ではないと効果がないという訳ではありません。

小さなころに、歯並びを治しておけばよかった・・・と後悔されている方は、今からでも遅くはありません。

確かに、小児矯正と比べて、大人の矯正の場合には、顎の成長がすでに止まっているため、歯が並ぶスペースがない場合には、抜歯するケースもあります。

大人の矯正の場合、1つの障壁となるのが、矯正装置が目立ってしまうことが挙げられます。

そういった歯列矯正中の見た目の問題については、矯正装置を歯の裏側につけることや、目立ちにくい色のワイヤーを使用すること、マウスピース矯正などで対応可能です。

歯並びが美しいことは、虫歯や歯周病のリスクを下げることに有益で、お口の健康に大切なことです。ご自身の健康への投資として行ってみることもよいかもしれません。

目立たない・痛くない・取り外しができるマウスピース矯正

軽度(歯肉炎)

従来のブラケットなどによる矯正に抵抗のある方は、透明なマウスピース矯正をお勧めしています。

当院ではマウスピース矯正の中でも実績の高い「Smile TRU」を採用しています。

「Smile TRU」は米国で開発され、世界各国で使用されています。

薄く透明なマウスピース矯正なので、他の人に気づかれず矯正することができ、違和感やストレスなく矯正することが可能です。

安心、安全、高精度。世界基準で作られます。

軽度(歯肉炎)

歯型模型をスキャニングマシンで3Dデータにし、米国本部のSmileTRU社に送ります。

そこでは矯正医を含む専門チームがコンピュータ解析をおこない、歯を正しくきれいな位置にデザインします。治療の開始時に画像で最終的な歯並びの予測を3D画像上で確認することができ、納得してからスタートすることが可能です。

定期的に交換するだけ。快適な日々を送れます。

使用方法1日20時間装着し、2週間ごとに新しいマウスピースに交換するだけです。マウスピースはほとんどの方は、すぐに慣れるため、会話にストレスはありません。

取り外しが自由にでき、ブラッシングが容易でお口もマウスピースも衛生的に保てます。患者さまの負担なく矯正治療を続けることが可能です。

診療メニュー

  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
  • aa
Copyright (c) 2020 Copyright (c) 2020 松尾歯科医院 All Rights Reserved.